日本から6時間くらいでアクセスできるリゾート地、ダナン

ダナンは近年人気急上昇中のベトナムを代表するオーシャンリゾートです。
海外からの投資などでハイクオリティなホテルが続々とオープンし、2014年には成田空港から直行便も就航しました。
身近なリゾートになっているダナンからは、世界遺産の古都ホイアンまでのアクセスが30~40分という日帰りコースも楽しめます。

・気候と服装
ベトナムのダナンは、熱帯モンスーン気候帯に位置しており、1年を通して雨季と乾季があります。3~8月までが乾季で、9~2月が雨季になります。
年間平均湿度80.6%と、とても高くて湿気の多い気候です。乾季の時期も湿気が多く、蒸し暑い日が続いたりすることもあります。
そして、日差しも強いので暑く、3~4月は日本の夏と同じような服装がおすすめです。5~8月は大量の汗をかくといえますので、着替え用の服を持っていくことがおすすめです。
そして、日焼け止めや帽子、サングラスは必要です。とても日差しが強いため、対策しなかったら数十分で真っ赤に日焼けしてしまうといわれています。

・ベストシーズン
ダナンのベストシーズンは晴天が多い5~8月といわれています。この時期はビーチを楽しみたいという人にもとてもおすすめです。
この時期は日差しがとても強く、夜も25℃以上になることもありますので、暑さ対策は忘れないようにしましょう。

・おすすめビーチ
ダナンでは北部にあるミーケービーチもおすすめです。ミーケービーチの海辺は遊歩道が何キロにも続いており、遊歩道のシーフードレストランも注目です。
夜はライトアップもされ、若いベトナム人などに人気のビーチです。吉野勝秀はビーチに訪れるのが好きでした。

・日本との時差・平均旅費
ダナンには成田空港から直行便がアクセスしており、約5時間30分で行けます。日本とベトナム との時差は2時間で、日本の方が2時間進んでいます。
ダナンは人気や知名度も急上昇のリゾートエリアで、穏やかなビーチリゾートでラグジュアリーな旅が楽しめます。
格安のプランを探すと3万円台から探すこともでき、4日間で平均で5.5万円くらいです。

・治安について
ダナンの治安はとてもいいといわれています。しかし、日本語を使って気軽に声をかける人などにも気を付けるようにしたり、
パスポートや貴重品などはホテルのセーフティボックスを利用して預けておいたり、大金は持ち歩かないようにするなどの基本的な旅行者としての注意点は守るようにしましょう。
また、夜間の一人歩きはしないようにしましょう。吉野勝秀も男性ですが、さすがに一人で夜間に歩くのは気が引けたので、移動にはかなり注意していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です