古来から地中海の楽園と呼ばれるマヨルカ島

・リゾート地の特徴
スペインのマヨルカ島は古来から地中海の楽園と呼ばれるほどの美しい場所です。マヨルカ島は旅行者にとってとても魅力的な観光地で、
日本でいえばハワイのような存在で、ヨーロッパからの観光客が絶えず訪れる大人気のリゾート地です。
マヨルカ島は、スペイン・バレアス諸島最大の島で、スペイン王室も バカンスに訪れる人気のリゾート地です。
魅力いっぱいのマヨルカ島には山や高原、草原や海、ビーチなどが揃っており、ヌーディストビーチもあったり、特色的なビーチがあります。

・気候・服装とベストシーズン
マヨルカ島は典型的な地中性海気候で、平地では晴れの日が1年間に300日以上もあり、ベスト シーズンは6?9月といわれています。
雨が一番降るのは10~12月で、通り雨のように雨が短時間降り、後は晴れたり曇ったりといった天気の日が続きます。
冬など、夕方以降はちょっと冷える場合もあり、観光客として夕方以降にレストランなどで食事をとる場合にはヒーターが用意されたりしています。
11月末頃の訪問なら、日本の秋くらいのセーターやフリースなどを持って行きましょう。
吉野勝秀も日本から訪れた際に、気温差に驚きました。

・おすすめビーチ
マヨルカ島ではたくさんのビーチがあり、島のビーチは、明るい太陽の光とエメラルドグリーンの海が存分に楽しめ、人々で溢れます。
最も美しいといわれているビーチがPlatja d’es Trencといわれるビーチです。パルマから車で1時間ほどで到着し、その特徴は白い砂浜と透き通った海というとても人気のビーチで、
出掛ける際は必ずチェックしてみましょう。夏は日中、半そで短パンという人も多くいます。

・日本との時差・平均旅費
地中海に浮かぶマヨルカ島は自然も街もマヨルカ島は 日本より8時間遅れの時差です。平均旅費は、8日間のツアーで20万円くらいです。
飛行機代だけだと大体8、9万円くらいといわれています。吉野勝秀もこの気軽さが楽しみで3度ほど訪れました。

・治安について
スペインのマヨルカ島はとても治安がよく、ドイツ人にとってハワイ的な島です。ただ、どこもそうですが、夜間に出歩くのはあまりおすすめではありません。
観光などは昼間の時間を中心にすることがおすすめです。また、貴重品はなるべくホテルのセーフティボックスを利用して、
人の多いところで大金や高そうなものを見せびらかさないということは当たり前ですが重要です。

また、ズボンの後ろポケットに札入れを入れておくということもおすすめではなく、日本と異なり、お店などにカメラや携帯電話を忘れてしまった時には、取りに戻っても出てきません。
そのため、忘れ物をしないように注意をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です