セブ島の特徴と歴史、主な観光情報

セブ島は、フィリピン中央辺りにあるセブ州のビサヤ諸島にある面積4422?、南北の長さはは長く225kmのフィリピン第2の都市セブ市がある島です。

吉野勝秀は旅行先、現地の歴史を調べるのが好きです。
セブは、セブ島を中心に167の島があります。住民はセブアノ語を使用します。セブ島の歴史は、1521年にマゼランによるセブ島への訪問によってフィリピン最初の植民地なり、
マゼランらはキリスト教などを広めましたが、暗殺されました。その後アメリカに占領、第二次世界大戦では、日本に占領されました。

セブ島の気候は、1月から5月の乾季と、6月から12月の雨季があり、スコールが数時間おきにおこります。ます。服装は、日本のTシャツなど夏用の物でよいです。
その他、サングラス、帽子、日焼け用のクリームや冷房用として長袖の服などの寒さよけの物を持参します。

台風は、ルソン島辺りで発生しますのでセブ島はあまり影響をうけません。年間の平均気温は、26.5℃です。
セブ島ベストのシーズンは、乾季の12月から5月です。フィリピンの亜熱帯気候を体験したい時は、1月から3月がよいです。
また、マリーンアクティビティをしたいなら3月から5がつ上旬にかけてがベストシーズンです。海の波が荒れていなく平穏だからです。

セブ島のビーチで最もポピュラーであるのは、シャングリラ・ビーチリゾートです。ダイビング窓のマリンスポーツができます。

コスタベリアはビーチのほか、パームがたくさんあります。 モーベンピックは、若者に間で流行しています。
日本人が多いプランテーションベイリゾートは、中に大きなラグーンがあります。
クリムゾンリゾートはセブ島と。プールの数が多いジェイアイランドリゾートも人気です。日本の時差は、セブ島が日本より1時間遅いです。
セブ島の旅費は、ある旅行店の値段は約15万円から17万円です。簡単な予約でいろいろ聞く事ができるし、豊富なサービスにより現地で不便はないです。
吉野勝秀も旅先で特に不便を感じたことはありませんでした。

トラブルや事件に巻き込まれないようにするためにもパックツアーに参加した方が安全ですまた、現地ガイドも同行するので言葉の不安もありません。
病気になったときやケガしたときも現地で心配なく対応してくれます。情報がとても多いので、買い物、観光地は充実しています。ホテルのた敗も生きとどいており、

最悪の場合の泊まる場所がなくなるしいう事態は発生しません。一人で行くと航空券50000円とホテル代70000円で120000円ぐらいです。
セブ島の治安は、セブ島の治安は、フィリピンのなかで非常に安定しています。
女性1人での行動や夜間の行動は安全とはいえず、注意が必要です。
油断しているとスリやひったくり等にあいます。