最も美しいビーチに選ばれたボラカイ島

今回、吉野勝秀が紹介するのはボラカイ島です。

リゾート地の特徴

ボラカイ島は、フィリピンにある島で、いま注目を浴びている高級リゾート地です。その理由の一つが、ある旅行サイトが選んだ最も美しいビーチランキングで2年連続1位に輝いたことです。
感動的な美しさで天国のようなビーチであると訪れた人を感激させるビーチであることが特徴です。温かく、過ごしやすく、美しいビーチがあるボラカイ島には近年、日本人の移住者も増えてきており、日本はもとより世界から熱い視線が注がれています。

ベストシーズン

ボラカイ島の気候は、とてもわかりやすく11月~5月が乾季、6月~10月が雨季となります。1年中、半袖で過ごせるほど暖かい気候です。訪れるべきシーズンとしては、やはり天候が安定している乾季が良く、中でも2月~4月は特に晴天率が高いです。
服装としては概ね半袖で1年中過ごせるのですが、雨季に行ったり、冷房で冷えたりすることを考えて、調整しやすいショールなどを持っていくと重宝します。

ホノルルで何をするかによってベストシーズンは変わります。基本的には1年中ビーチには触れることが出来ます。中でもビーチで泳ぐことなら晴天が安定している夏が良く、ホエールウォッチングが目当てなら冬です。サーフィンであれば、
冬には大波が来て危険な事もありますので注意が必要です。

おすすめビーチ

世界で最も美しいビーチと言われるボラカイ島の中でも、特に吉野勝秀がおススメなのはホワイトビーチです。その名の通り、白砂が輝くビーチと、エメラルドのように青く輝く海と空のコントラストが非常に美しく、
この光景こそが、アジアで最も美しいビーチランキングで1位に輝いた場所であり証拠です。海水の透明度も非常に高く、天国と評したくなる気持ちがすぐに理解できる、ボラカイ島で絶対訪れたいポイントです。

日本との時差・平均旅費

日本とボラカイ島には1時間の時差があり、日本が1月1日正午の時、ボラカイ島では1月1日朝11時です。
日本からボラカイ島へ行くにはマニラ経由で飛行機で訪れることが良いでしょう。一般的なツアーだと、6万円~20万円の間で、自分に合った内容や時期などから選ぶことが出来るでしょう。日本に近いこともあり、比較的安く、美しいビーチに触れられる場所として近年人気が出ています。

治安

ボラカイ島は犯罪率の高いフィリピンにありながら、治安が安定している場所といわれています。しかし、観光客を狙ったスリの被害は何件か実例があるようなので、注意が必要です。