世界遺産にも近い青い海と白い砂浜、カンクン

今回、吉野勝秀が紹介するのはカンクンです。

リゾート地の特徴

カンクンはいまや世界中のセレブが憧れる、一大リゾート地となりました。カンクンの特徴は、青い海と空の美しさと白いパウダーサンドビーチのコントラストが鮮やかというビーチの特徴のほかに、
チチェンイツァをはじめとする多くのマヤ文明の遺跡が近くにあることで、世界遺産と美しいビーチの両方を観光で楽しむことが出来る世界随一の場所です。

ベストシーズン

カンクンは沖縄の宮古島とほぼ同緯度にあるため、年間300日は晴れていると言われているほど晴天に恵まれている地です。しかし、カンクンで何をするかによって訪れるベストシーズンは変わります。
一年の平均気温は27度と暖かいのですが、5月~10月は雨期のためモンスーンに襲われることがあります。
ダイビングをする場合は、比較的1年中いつでも大丈夫です。ただ、先述のように世界中からセレブが集うカンクンのため、とりわけ12月~3月、7月~8月、メキシコの祝日である3月下旬~4月上旬には多くの人でにぎわうため、
ゆっくり過ごしたいならこの季節を外した方がいいでしょう。また、ビーチに加えて遺跡を見たい人は乾季である11月~4月がベストシーズンです。夏は特に暑く、1年中半袖で過ごせますが、乾季の時期は夜間には涼しく
感じることがあるので上着があると便利です。

おすすめビーチ

カンクンの中で、吉野勝秀が特におススメしたいビーチは、ずばりカンクンビーチです。カンクンで最も有名であり、最も美しいと言っても過言ではないところで、
カンクンを象徴する青い海と空、白い砂浜というカンクンらしさが存分に味わえるビーチです。

日本との時差・平均旅費

カンクンと日本の間には14時間の時差があります。日本が1月1日正午だとすると、カンクンは12月31日夜22時ということになります。日本からカンクンへはアメリカ経由のツアーが多く、ツアー内容屋時期により変動しますが、
概ね20万円~40万円の間のようです。

治安

カンクンの治安は、メキシコ国内では珍しいほどに良いところだと言われています。
メキシコ政府も観光に力を入れている中で、治安安定にも注力しているため、カンクンでは夜間の外出もできるほどだと言われています。