オーストラリアが誇る世界有数のリゾート、ハミルトン

今回、吉野勝秀が紹介するのはハミルトン島です。

リゾート地の特徴

ハミルトン島はオーストラリアのグレートバリアリーフにある島の一つで人気の高いリゾート地です。
ケアンズとブリスベンの中間に位置し、オーストラリアの主要な都市から飛行機で行くことが出来ます。

ハミルトン島があるウィットサンデー諸島は地域全体がユネスコ世界遺産に登録されていますので自然を守りながら、リゾート施設の建設がされています。
島の面積は5?と小さく、島全体が一つのリゾートのようになっている事が特徴です。
世界トップ10に格付けされた高級ホテルから、マリンスポーツを楽しむ為の安価なバンガローまで様々あるので滞在スタイルによって宿を選ぶことが出来ます。

ベストシーズン

気候は亜熱帯性気候で平均気温は27.4℃です。。四季がありますが日本とは季節が逆になり、春が9~11月、夏が12~2月、秋が3~5月、冬は6~8月となります。6~8月は少し涼しいので長袖が必要ですが、それ以外のシーズンではほとんど半袖で過ごすことが出来ます。
ただ日差しは日本より強いので日除けのサングラスや日焼け止めは必須アイテムです。
旅行は1年中可能ですが、海に入る場合は10~12月の春から夏にかけてがベストシーズンです。

おすすめビーチ

吉野勝秀のおすすめは、ハミルトン島を訪れたほとんどの人が見ると言われているのがハートリーフと呼ばれるハート形のサンゴ礁です。ヘリなどで空から遊覧飛行をしてハートリーフを見るツアーが有名です。
もう一つは世界で最も美しいビーチと言われているホワイトヘブンビーチです。
ハミルトン島の隣にあるウィットサンデー島にある美しい砂浜で日帰りのツアーが人気です。

日本との時差・平均旅費

日本とハミルトン島の時差は1時間ですので、ほとんど時差はないと言ってよいでしょう。
通貨はオーストラリアドルを使います。7日間の滞在で平均予算は20~40万円です。ハミルトン島への直行便はないのでケアンズなどで乗り継ぎをして島へ向かいます。

治安

治安に関しては、オーストラリア全体が治安のよい国ですので特段気を付けることはありません。貴重品から目を離さないなど基本的な防犯意識を持っていれば安全でしょう。